2011年07月07日

2011年7月7日(木)・雲見

波と勝負!西伊豆でのある一日

今日は「久々に中木でダイビングだー!」って日。

7月6日の夜に出発して、雲見の「はまゆ」さんに泊まっておいて、朝に中木へ移動という行程です。

なのに、なのに、南風が強くて潜水禁止となってしまいました。早朝に現地サービスに確認したら・・・「波が高くてさー、しかも今日はどんどん荒れてくるよ」だそうです。そりゃ仕方ない、さて何処に行こうかしらん?やっぱり目の前に雲見があるからココだよなぁ。

橋の上から海を見てみたら、外洋は西だけど北向きの雲見ならまだ穏やかです。「早いうちにササッと潜ってしまえば大丈夫」という現地情報から雲見2ボートダイブに決定!ここなら魚もたくさんいるし地形も楽しめるしオッケーでしょう。

しかーし、中木で潜ろうとしていたから、ダイナミックなところにアタックしたかったので、聞いてみました。
「ねぇねぇ、沖ノ根は潜れそ?」って。

そしたら、「早いうちに出ちゃえば行けると思います!」の一言が。
光が見えてきたー、ダイナミックポイントでダイビングできるー!
ということで、ちょっと荒波になりつつありましたがいざ沖ノ根へ!

船長さん、ちょい荒れてますがどうぞヨロシク!な思いでレッツゴー。ブイの無い外洋の荒波の中、魚探を駆使してポイントを探してくれました。エントリー準備してから10分くらいウロウロ、ウロウロ、あっちいったり、こっちいったりと、船長さんが大変そうでしたが僕らもちょっと大変でした。でも最後はバッチリ!沖ノ根の上に着けてくれました。ありがとう船長さん。

潜ってみたら、やっぱり予想どおり、魚がいぃーっぱい!僕の好きなパターンでした。
大きなクエも主の如くズドーンと根におりまして、ちょっと興奮。

周りのキンギョハナダイと比較するとその大きさが!
t_110707kumomi-2.jpg

体長1メートル超えの巨大さ!お腹がパンパンじゃ。
t_110707kumomi-3.jpg

近寄り過ぎるとヒョイっと何処かへ行ってしまうのですが、また同じところに戻ってきてました。
動画でどうぞお楽しみください。



流れがほとんどかかってなかったので、ぐるっと1周をお散歩。
イサキ、タカベ、キンギョハナダイ、スズメダイ、ニザダイ、オジサン、マダイ・・・賑やかでイイ感じでした。

もうちょい透明度が高かったらなぁ・・・迫力ある沖ノ根が一望出来ます。なので、またトライしてみたくなっての1ダイブ終了。30分だけでしたが十分楽しんだ1本でした。
t_110707kumomi-4.jpg


午後はもう荒れ荒れだったので、牛着岩で2ダイブ目。
沖側で上がるのは大変なほどのザブっなので、手前で入って手前エキジット。
−24アーチを回って右左に振って小牛を回って40分のダイビング。
キビナゴが中層にたくさん居て、その周りではアオリイカが捕食体勢になり、マダイのでぇーっかいのが悠然と泳ぎ、ネンブツダイの塊に、テングダイ、アオウミウシ、ニシキウミウシ、シンデレラウミウシとマクロもまぁまぁ充実、穏やかな水中を楽しんできました。

夏本番!リフレッシュコース受付中!
posted by Kin-chan at 22:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: