2013年05月29日

2013年5月29日(水)・大瀬崎

遡ることゴールデンウィークから続く大瀬崎ツアーです。

まだまだ続き・・・・ます・・・ません・・・・

たぶん続くでしょう。

面白くてねぇ、続いてしまっているのでした。

今日も穏やかな海に感謝ですが、ちと空がドヨーンと。

1ダイブ目は外海の柵下へ。
t_130529大瀬崎001.jpg


今回参加のお客様ではないのですが、クマノミが好きな方がいらっしゃって、先日に一緒に行ったセブではたくさんのクマノミに感激されてました。

確かにカワイイ!

その気持ち分かります。

ガイドしてるとクマノミには何百回?と対面していて、そんなに珍しい生物でもないし見慣れてるから見かければ「居たねー」ってくらいでしたが、ふと振り返ってみると僕も意外と好きなのかも?と思っちゃいました。いや好きなんだ、うん。
t_130529大瀬崎003.jpg


トラフケボリタカラガイ
2センチ足らずですが黄色いトラ模様だから見つけやすいよ。でもそんなに居るわけじゃないので、見つけやすくないか。3つくらいついてたかな。
t_130529大瀬崎004.jpg


カツオノエボシ
こいつは危険生物なので触っちゃダメですよ。ピリッどころじゃありません。写真で見る上部分が袋状で水面に浮いてます。職種はクラゲをやっております、はい違います、触手は刺すとこでここが刺します。ブルーがとってもキレイで魅惑的なんですけどねー、マジで危険。この日は数個体が浮いてて、数年ぶりに見たね。
t_130529大瀬崎006.jpg


のんびりと静かに泳ぐダイビングしてたので、オオモンハタとご対メーン。
動かず寄らずで互いに睨み合ってみましたが、あっちの負け。
t_130529大瀬崎008.jpg


漁礁やちょっと暗い水底付近にはペアになったコスジイシモチが所々に。ラブですねー。目にも線が入ってカモフラージュしてますねー。そろそろオスの口内保育が始まるころなので、もっさり膨らんだ口をじっくりみてみて。正面から見たら卵が見えるはず。
t_130529大瀬崎012.jpg


たくさんのメスの中でビュビュビュンって泳ぐオスがたくさん。
湾内の桟橋下や岬の先端はキンギョハナダイだらけでメチャ賑やかです。囲まれるほどいるので興奮せずにはいられません。経験の長い私も秘かに興奮っ。
t_130529大瀬崎016.jpg


テンジクダイ科の魚も群れ群れっす。カップリング成立がかなり多いので、その2匹をじっくりみるのも楽しいですよ。(なんか覗き見の変態みたいな発言だなぁ)
t_130529大瀬崎017.jpg


大瀬崎への道中には花開いたアジサイ。合ってるかどうかちゃんと調べてませんが前に聞いた記憶では、アジサイの色は土壌の質(酸性とかアルカリ性)で色が違うとかなんとか。ググってみてください。書いておいて何ですが、僕もこのあと調べてみよっと。
t_130529大瀬崎020.jpg


水温は19度前後とあまり変化なーし。
透明度はまぁまぁ、良い方だと思います。
広く景色を楽しめる感じの見え方。
生物はとにかく多種多数でほんと楽しい海中世界ですよ。

次はどこの海に行こうかしらん。

ピットダイビングクラブ

−−−
posted by Kin-chan at 21:00| Comment(0) | ダイビング